12.27.2009

One-Day Knitting

Originally uploaded by natsuko.k

学生時代試験勉強中に漫画読みたくなっていた(で、実際読んでいた)のと同じ感覚で、
忙しい時に限って無性に編み物がしたくなる。
いわゆる現実逃避ってのです。

年の瀬。
山ほど must do 事項が押し寄せている中、
昨晩はフィギュアスケートの全日本選手権を観ながら、
白樺編みのリストウォーマーを編んでいました。

林ことみさんのメソッドで、
糸はトレマーガさんのアソートパックから制作。
この編み方は少しずつ残っているお気に入りの毛糸消費には最高ですね。

体の三首(首、足首、手首)を暖めると冷え防止には効果的と聞きますが、確かに手首が暖まっていると寒さが軽減されます。
昨晩編み上げて早速試着したらあまりの暖かさに外せず、つけたまま寝てしまいました。
そしてこの季節主婦には苦行な寒空の下の洗濯物干し時にも威力を発揮。PCのキーボードを打っている今もコレを装着して手首ぬくぬくです。

そんな訳で役に立つものが出来、現実逃避も有益だったということでめでたしめでたしの巻でした。

今日は『冬の日の、おくりもの』展の最終日。暮れのお忙しい中お越し頂いた方々、ありがとうございました!

12.19.2009

干し柿プロジェクト

初めて干し柿を作りました。
会員歴7年になる大地を守る会で『干し柿つくろうセット』が売られていたので、
それを購入してやってみただけの事なんですが。以下その記録です。

12月1日
小振りな渋柿の皮を剥き、ヘタのふりふりをハサミで切り込み、
縄の縒りを開いて柿の軸を差し込んでいきます。
雨に濡らすとカビが生えるという事なので、軒下に洗濯ラックをえっちらおっちら運んで
吊るしていきました。

12月5日
見かけ、あまり変化はないものの、触ってみると表面が乾いてドライフルーツらしい膜でコーティングされはじめていました。こうなった時にやさしく揉むと出来上がりが早くなるということで、恐る恐るモミモミと…。2個程表面破れました…。犬にくれてやりました。

12月10日
リーフレットに10日を過ぎる頃から食べられると書いてある。明らかにまだ半乾き状態なのに待ちきれずに試食する私と息子。まだ渋が抜けきっておらず、口の中がパッサパサに(涙)。
12月14日
完全に乾いた様子なので再トライ。これぞまさに干し柿の食感、と喜んでせっせと食べる息子。
12月17日
どんどん乾いてきたので干涸びる前に取り込むことに。お皿に並べてみるとすでにその数は作り始めた時の1/3程になっていました。もいで食べていたんだね、息子…。

取り込んだ後、布袋に入れてころころ転がし何日か置くと、お店で売っているもののように白い粉をふくそうです。もはやこの数ではやる気もしませんでしたが、来年はやってみようかな。

味噌や天然酵母づくりもそうだけれど、自分で手を加えるのはほんの少しで、後は時が美味しくしてくれるのを待つだけ、という保存食作りは料理というよりもペットを飼うのに近い感覚。私はとても好きです。

12.16.2009

ホーリーオリエンタルクリスマス?

話せば理由があるのですが、私の中で少し前にプチインドブームが起こり、
クリスマス飾りを作る際になぜかその影響が…。
我ながらめちゃくちゃです。

毎年クリスマスオーナメントを作っていますが
そんな訳で今年はこのようなものが出来ました。
基本的に作品には天然素材しか使わない事にしていますが
インドといえば金糸は外せないので、今回は金ラメ青ラメ施しました。
天然染色の羊毛と組み合わせるとそれなりに落ち着いた雰囲気をまとうから不思議です。

ツリーなどに沢山ぶら下げてもいいですが、
壁に一つだけ飾ってもかわいいと思います。

ノエルブローチ

Originally uploaded by natsuko.k

これもまた件の店のレースを使ったもの。

葉っぱの部分は薄緑のケミカルレースに部分的に羊毛をニードルでつけ、
土台にはしっかりとした金糸のレースを。周りには真っ白なモヘアの原毛をつけました。

コサージュとしても、クリスマスデコレーションにしてもいいと思います。
私は、12月の着物の装いに黒ベースの帯に帯留代わりに使ったらかわいいなと
妄想中。

たまには姫テイスト

Originally uploaded by natsuko.k

近くに穴場レース問屋があります。手芸をする人種内では密かに有名。
陳列のカオスさ、品数の豊富さ、そして何よりおばちゃんのキャラの濃さ!
…が凄い店です。
わたしはなぜか行くたびにまんじゅうや珈琲やパンを
ご馳走になってます(代償に長〜い世間話につきあわなければならない)。

いろいろと面白いレースを手に入れたので一緒にフェルト化させて使ってみました。
レースの可愛さにつられアコヤ貝のボタン、手紡ぎ糸のストラップ、
縄目模様、などなどついつい調子に乗って装飾過多になってしまいましたが、
結構こういうゴテゴテしたテイストも好きです。
イメージ真珠の首飾りなどをしまって欲しい(笑)ポーチです。

こそこそねずみたち

Originally uploaded by natsuko.k

冬のおくりもの展、本日これから搬入です。
昨日から急に気温が下がって、手先がかじかむほどですが

"冬"らしい気候にほっとする気持ちもまた。
今回の展覧会にグッドマッチでもあるこの寒さ。

納品準備の片手間にちょこちょこ作品写真も撮りました。

これは手紡ぎ毛糸で編んだねずみたち。仕上げに軽く縮絨させました。
コワい顔がポイント。

12.13.2009

冬の日の、おくりもの展

神保町にある手芸専門書店
art-bookshop & cafe内ギャラリーにて開催のイベントに
出展します。

会期 12/17 thu ~ 27 sun  *23 wed 休み
open 10:30 ~ 18:00

この季節にぴったりの暖かな作品が沢山並びそうです。
手芸材料のお店の出店もあり楽しいイベントになりそうですので
是非お越し下さい。

私はオーナメントやツリーなどのクリスマスグッズを中心に
コサージュ、ポーチ、ピンクッション、などをにぎにぎと
出展する予定です。

12.09.2009

My Rainbow

ついついこういうの見つけるとやってしまう。
で、たいてい当たってるなーと思う事が多い。
割と言われた事なんでも受け入れるタイプなのか?こう見えて(笑)

Your rainbow is shaded violet.


What is says about you: You are a creative person. You appreciate beauty and craftsmanship. You are patient and will keep trying to understand something until you've mastered it.

Find the colors of your rainbow at spacefem.com.

暇つぶしによかったらどうぞ。

12.06.2009

正月飾り試作品

Japanese New Year's Sacred Straw Decoration

12月の声を聞くと途端にどこもかしこもあらゆる方面年の瀬モード。

私の所属するわら工芸会でもこの時期は正月飾り講習会の準備に明け暮れ、師走らしさに包まれます。そして試作品を作り上げると、これで今年も良い年越しになりそうとほっとした心持ちになるのです。

わら工芸会では毎年ごとに、各地に伝承されている正月飾りを元にその年に手に入った藁の状態と相談しながらデザインを決めます。

今年は滋賀県に伝わるどくろ蛇の正月飾りを参考にこのようなものが出来上がりました。

かつては地方ごとに正月飾りの形は様々、百花繚乱だったそうです。いまでは正月飾りというとホームセンターやデパートで買うものになってしまいましたからなかなか難しいかもしれませんが、お正月に帰省や旅行などで各地へ行かれる方はお住まいの地域の正月飾りと見比べてみると発見があるかもしれませんよ。

11.30.2009

冬の散歩道


毎日犬の散歩で訪れる近所の都立公園。
四季折々さまざまな表情をみせてくれます。
今はこんなふう。
黄色や赤に彩られた木々と鉛色の空。
吐く息は白く。

ガサガサと音を立てて落ち葉を踏みしめる。
だんだん楽しくなってきてついつい蹴散らし始めてしまうと
子供と犬もそれに便乗
ああ楽しい!

ちなみにこの時の脳内BGMは
サイモン&ガーファンクルじゃなくて
バングルスのカバーの方です。

11.14.2009

クイズの答え

手のひらに載る物体、何だかわかりましたか?
おまんじゅうでもパン生地でもなく
答えは…「ジャンボマッシュルーム」です!
本当にジャンボでした。

食卓で家族からの歓声が聞きたくて、
高いなー(一個¥280)と思いつつ購入したのですが、
ソテーにして出したところ、水分が抜けて一回り小さくなり
思った程のプレゼンテーション力は無く。
ソースにバルサミコ酢を使ったせいで色も茶色になり
これは…しいたけ?という見た目に。

味は普通のマッシュルームを更にジューシーにした感じで
とても美味しかったです。


11.13.2009

クイズ です


What's this?
Originally uploaded by natsuko.k

これ、
何だと思いますか?

私はこれが初見。
結構びっくり。

答えは次回の更新で!

Ma ma se, ma ma sa
Ma ma coo sa~♪

11.11.2009

イチジクとクルミの全粒粉ブレッド


Walnut Fig Bread
Originally uploaded by natsuko.k

今日はたいそうな雨でしたね。
予報通り週末まで降り続くのでしょうか。
ちと憂鬱。

久々にハード系パンを作りたくなり
焼きました。

ホシノ天然酵母使用。
全粒粉約35%配合。
ドライフルーツとナッツは大量買いしてあるので
どっさり入ってます。
ここが手作りのよいトコロ。
「え、イチジク、どこに入ってるの?
一切れに2かけらしかないじゃん?」
みたいなことが嫌いで。
いっぱい入っているのが好きなのです。
午前に生地を仕込んで夜焼いたから
結構長いこと発酵させました。

500g分の粉を使った生地で4個作ったので
一個一個がずっしり。
焼き上がったパンを持って
皮をパンパン叩く。
よく響く乾いた音がしたらハードブレッドは成功です(マイルール)。今日のは良い音が鳴りました。

明日の朝食に頂くのが楽しみです。

11.06.2009

心浮き立つ大輪の花


Red & white dahlia - so cute!
Originally uploaded by natsuko.k

寒さが苦手な私。
ここ数日の急な冷え込みに気分も沈みがちに。
昨日も首をすくめて駅前を歩いていたのですが、
花屋さんの店頭で鮮やかなダリアにどきゅんとやられ、
買い求めた帰り道は、ほかほか気分でした。

赤と白のコンビネーションが
昔のディズニー映画のように
レトロで可愛らしく幸せにしてくれます。

ちかごろ流行りの…



Cake salé
Originally uploaded by natsuko.k

去年あたりからちらほら耳にするようになった
ケークサレなるもの。
私はなんとなくガトーサレと呼んだほうがしっくりくるんだけど…。
ともあれ美味しそうと思っていたので、
友人宅ランチのお持たせ用にと
作ってみました。

レシピはこちらを参考にしましたが、
具材はうちにあったもので
エリンギ、パプリカ、ベーコンを入れてみました。
作り方はあっけなく簡単な上に、
持ち運びも楽で見栄えもよしとなかなか優秀レシピ。
具材もいくらでもアレンジできそうだし。
流行るのも納得です。

ワインにも良さそうだし、朝食にもいいかもね。
高カロリーな事は間違いなしなので
うちで食べる分にはベジレシピに改良してもいいかな〜とも思ったり。
しばらく我が家の食卓でも流行りそうな予感。

断片も美人なのがよし。友人宅のかわいいテーブルクロスとちょうどよく合っていました。

11.04.2009

終了!


YEBISU GARDEN PLACE CHRISTMAS ILLUMINATION
Originally uploaded by natsuko.k

昨日で無事『トイレへ行こう!』展@ホツミギャラリー
終了しました!

丁度昨日から恵比寿ガーデンプレイスで
クリスマスイルミネーションが始まっていて、
搬出を終えてしばし夜景見学。
友人&息子と一足早いクリスマス気分を味わいました。
毎年恒例のバカラの巨大シャンデリアに目がくらくら☆☆☆

お越し頂いた方々、ありがとうございました。

10.29.2009

This Is It

観てきました。

感涙するかもと思っていましたが、
観覧中こぼれてきたのはただただ笑みだけ。
映画なのに観覧中体が自然にリズムを取り始めてしまうし。
ヒンシュクかと思いきや、周りにも同じような人がちらほら。
一曲終わるごとに拍手をしている人も居て、
ライブ会場の空気でした。

ステージで使われる予定だった映像がすばらしい。
ダンスと歌声も衰えているどころか"進化"している。
若いころの弾けた感じとは違って、
最小限の力で最大の効果を出しているというか
音楽を芯でとらえていて無駄が無い。

観る前は期待とともに、
リハを流出させるってどうなの?とか
ネガティブな感情もありましたが、
見終わっての感覚はまぎれもない幸福感。
見た人全てがポジティブな気持ちになったのではないかな〜。

…と語りだすと切りがないのですが
私なぞがこれ以上語っても仕方が無いので、
是非こちらを読んでみてください。
エリザベス・テーラーのツィートが
全訳されています。

10.28.2009

初日です

本日から『トイレへ行こう!』展始まりました。晴れてヨカッタ。
今日の朝日新聞夕刊の展覧会情報欄に告知が掲載されています。
11/3まで開催です。最終日は私も在廊予定(間でもう一日行くかも)。

10.27.2009

幸せを運ぶ鳥


Happy bird
Originally uploaded by natsuko.k

『トイレへ行こう!』展、明日からです。
本日無事搬入してきました。

こんなのも作ってました。

幸せの小鳥が背中にお花を積んでやってきたよ。
…というイメージでつくった一輪挿しです。

一輪挿しは、これも出します。


今日はすばらしい秋晴れでした。
そして息子の七歳の誕生日でした。

10.26.2009

小さな世界大きな物語


rainbow leaves
Originally uploaded by natsuko.k

『トイレへ行こう!』展いよいよ二日後からです。

引き続き出品作品のご紹介です。

DM作品もそうですが、トイレットペーパーというと
「木」を連想してしまう。
今度は葉っぱをモチーフにした
ペーパーホルダーです。

葉っぱの一枚一枚に世界を映しこむイメージで
作りました。
…とたいそうな物言いに我ながら笑えますが、
ささやかなモノにも大きな物語をまとわせたい私。
今の世の中がその逆だからかなー。

今回のトイレ展、
作っている時は無意識だったけれど
出来上がった作品に共通しているイメージは
greenかも。
裏テーマ「トイレ&グリーン」に決定!

10.21.2009

魔法の鏡


Green Mirror
Originally uploaded by natsuko.k

10月28日から始まる
『トイレに行こう!』展。
開催場所ホツミギャラリーのオーナー、ほつみさんの企画です。
トイレで使うもの、飾るもの限定の作品展なんて、
まあよく思いつきなさったなあと感心。

お題を与えられてそれに合わせての作品制作作業、
私は結構好きです。
自分では思いつかない切り口でアイデアを練るのは新鮮です。
そして、同じお題で出来た他の作家さんの作品を見る時の
驚きもまたよいのです。
今回の展覧会でも
トイレをテーマにいろいろな作品が揃うのだろうなと
とても楽しみにしています。

そして、この展覧会では
作家一人につき一点ずつ
オークション形式で作品販売が行われます。
私はこの壁掛け鏡 "Green Mirror" を出品します。
トイレという限られた空間には
他のインテリアとの調和とかは度外視して、
遊んだものを置いてもよい気がします。
イメージは「魔法の鏡」です。
この鏡の前に立って自分を映すたびに
ドラマチックな気分になれると良いな
と思って作りました。
気にいって頂きましたら是非オークションにご参加を!
なんつって。

ホツミさんがHPとは別に、企画ブログも新しく開設されています。
こちらも是非ご覧ください。

10.15.2009

クルミ割り


Walnuts - local harvest!
Originally uploaded by natsuko.k

行きつけの直売所に珍しいもの発見。
殻付きのクルミです。
山あいの土地でもないのに
自生しているのか栽培しているのか?
こういうものを見つけるとつい嬉しくなって
買ってしまいます。

殻はピンクッションの土台にでも使おうかしらね〜
と、鼻歌まじりに愛用のオピネルナイフで
殻を割り始めたのですが…
思っていた以上に固い!
力任せに開こうとすると殻の形が崩れてしまうし。
結局きれいに割れたのは半分ほど。
リスの偉大さを初めて認識。

私、一応手先が器用であると自負していたのですが
これは手強かった。
無念。
きっとコツが分かると気持ちのいいように割れるんだろうな。
どなたかご存じないかしら?

苦戦して開けた中身は
マスタード、オリーブオイルとペーストにして
秋鮭の上にかけて頂きました。
恵みの味!でした。

10.05.2009

隙間時間に手仕事いろいろ

私の毎日。
多忙ではないのですが
まとまった時間を取ることはなかなか難しい。
雑多なちょこまか主婦的業務で
時間が分断される訳です。

そんな中でも
ふと出来た時間の隙間で出来る作業がいろいろとあります。
ローラグ(糸を紡ぐ前段階の下ごしらえ)をつくったり。

菜箸と綿棒ケースの蓋で作ったスピンドル
(見かけは悪いけどすこぶる使いやすい)で
人形用の細い糸を紡いだり。

知人からマフラー用の糸を紡いで欲しいと言われたので
紡いだ糸で編み地のサンプルを作ったり。

ガーター編みでさくさく編んだミニマフラー。
それだけだと寂しかったので端にヘキサゴンモチーフをつけて
なんちゃってNorah Gaughan風。画像悪くて分かり辛いですね。

と、こまごまやっているのです。
やることが沢山ある、というのはありがたいなと思う日々。
本当に忙しい方に読まれたら怒られてしまいそうですが。

10.02.2009

配達パン屋さん

ネットサーフィン中に見つけた
つい最近始められたという
宅配とイベント出店オンリーのパン屋さんだそうです。

幸運にも我が家が配達圏内に入っていたので、
早速昨晩配達して頂きました。

ホシノ天然酵母と南部小麦を使用した
優しい味のパンでした。
(残念ながらパンは写真を撮る前にさっさと胃の中へ。)

何より暗闇の中自転車をこいで配達に来たお二人が
ほのぼので、
作り手さんから直接ものを買うことの暖かさを
再確認したのでした。

トイレへ行こう!

いきなりのびっくりタイトル失礼いたします。
10月28日から恵比寿のホツミギャラリーで開催される
同名の展覧会に参加します。



同ギャラリーHPのVOICEページにて
DM作品の説明と出展者のプロフィールが紹介されています。
わたしも他の方々の作品のインサイドストーリーを
ふむふむと興味深く読みました。

出展数は少ないのですが
限られたスペースに潤いを与えるような作品を目指して
制作中です。


9.27.2009

久々ベイキング


sesame bagle filling sweet potate cream cheese
Originally uploaded by natsuko.k

夏の間ほとんど遠ざかっていたパン焼き作業。
オーブンを使うのが暑苦しいし
すぐ過発酵になったりで温度管理が面倒だったから。
良い気候になったので、
久々にベーグルを焼きました。

うちにあった材料で(←万事においてこればっか)、
黒胡麻生地にさつまいもマッシュ+クリームチーズの
ペーストを巻き込んでみました。
明日の朝食用なのでお味はまだ見ていないのですが。
おそらく美味しいでしょう。
美味しいか不味いかって、
作っている途中でだいたい分かりますよね。

今日の場合は
いい感じの手応えでした。

オヤジハンチング冬バージョン


cashmere hunting hat for my husband
Originally uploaded by natsuko.k

6月に作ったハンチングをえらく気に入り、
この夏の間かぶり倒したうちの旦那。
そろそろ麻生地は季節的にアウトなので
冬バージョンを作りました。

パターンは前作と同じ。
この型が頭に合うそうです。
生地は在庫布のGRESのカシミアの端切れ。
肌ざわりがえらく良いです。
写真では分かりにくいですが、
紺地に緑とフューシャピンクのピンストライプ。

旦那は気に入るとそればっかり、という人なので
またこれも秋冬の間かぶり倒すんだろうと思います。
喜んでくれるのはありがたいことですけどね。
たまには違う装いもよろしくお願いしたい。

9.26.2009

おかげさまで…

22日の府中の森アートマーケットは
好天に恵まれて無事終了。
久しぶりの接客やディスプレイは
スムーズとはいかなかったかも。
ご近所イベントだったので
気軽に日頃お付き合いのある人々を呼べて、
作品を見てもらえたのは嬉しいことでした。
来てくださった方々ありがとうございました。

写真をアップしていなかったのですが
こんなものも出品していました。


試験管の一輪挿し。下の部分には近くの川で拾った石を入れておもりにしています。

この作品も含めて、
出品した作品たちの一部は
愛知県春日井市のアミーケさんで
引き続きご覧頂けることになりました。
お近くの方は是非お立ち寄りください。
GASA*のお洋服や作家ものの雑貨などが
素敵にチョイスされた私も大好きなお店です。


9.20.2009

手前味噌

秋です。
吹く風が。
食べ物が。

我が家では、2月に仕込んだ味噌を昨日解禁。
分量も結構アバウト、天地返しとか
なーんもせずに仕込んだらただほったらかしておくのが
私のやり方なので、
開けてみるまでは毎回どきどきなのです。
今年の味噌の出来映えは…
う、うまーい。
非常によく出来ました。

味噌が自家製に切り替わると
家族のみそ汁飲み干し度が5割増ぐらいになります。

飲んべえなので、
実は普段ほとんど米を食べないという恐ろしく不健康な私も、
新米プラスみそ汁で
健康和食を楽しめるこの時期。
秋っていいな。


9.17.2009

小品集 Ⅶ


crochet & felt goods
Originally uploaded by natsuko.k

このシリーズは去年作ったものですが
割と気に入っています。

染色というものを全く排除して
ナチュラルカラーだけで作ってみようと
思ったのでした。
グレーや茶色はヒツジの地毛の色です。

スピンハウスポンタさんの
細い紡毛糸でレースモチーフを編んで
原毛と一緒にフェルト化してみました。
鍋つかみとピンクッションです。

カラフル好きの私ですが
ナチュラルカラーだとどんな場所にあっても
うるさくないのは確か。

このシリーズ、今年ももう少し作り足そうかと
思っています。

小品集 Ⅵ


spiral shell felt pouch
Originally uploaded by natsuko.k

自然界に存在する
神様のつくった美しい法則に則ってできた
幾何学的造形。
見ているとうっとりしてしまいます。

中でも好きなのが螺旋模様です。
そんな訳でこのブログタイトルにも複数の意味を込めてですが、使っています。


美しい螺旋模様を持つ巻貝から
インスピレーションを得て作ったシリーズ、
ポーチと、鍋つかみと、小鉢型小物入れです。

一緒に写っているのは4年前の朝日新聞に載っていて
奇麗だなーと思い切り抜いておいた
巻貝の写真です。
何回眺めてもやっぱり飽きないな〜。

小品集 Ⅴ


happy hearts
Originally uploaded by natsuko.k

天然染料で染めているというと、
落ち着いたアースカラーを連想されることが多いのです。
そういった色合いも好きなのですが、
私の目指す色は鮮やかで色気のある色。
いうなら天平時代の色とか。

そんな色が出せているかはさておき、
カラフルに染め上がった羊毛に囲まれていると
かなりハッピーな気分になります。

そんな気分の時に
単純に色鮮やかでかわいいものをつくろうかと思いつき
ちょっと頭の中空っぽにして出来た
ハートモチーフグッズ。
オーナメントと鍋つかみです。

9.16.2009

少品集 Ⅳ


butterfly key holders
Originally uploaded by natsuko.k

夏の旅行中、京都に行くならここは外せないと
思って足を伸ばした恵文社さん。
京都在住中は
歩いてすぐのところに住んでいましたので
日課のように通っていました。

ここの本や雑貨のセレクトの素敵さは
私などが言わずとも十分に認知されていますよね。
今回も沢山いいものに出会いましたが、
デッドストックの金具を見て
これは自分の作る物に取り入れたいと思い、
いくつか買い求めて帰りました。

シンプルで味があってちょっとちゃちな作りが
愛さずにはいられない感じ。
カラフルな蝶々と組み合わせて
キーホールダーにしてみました。

まだもう少し、つくったものがあります。

小品集シリーズ、続きはまた明日。

小品集 Ⅲ


black cotton lace felt ribbons
Originally uploaded by natsuko.k

今シーズン至る所で目にする
リボンです。

りぼん?ええリボンですとも。
私のように妙齢の女性が身につけるには
少し恥ずかしいようなアイテムですが、
こんなのだったらどうでしょう。

ブラックレースに天然染色のフェルトを合わせると
ぐぐっとシックになりました。
わたしは帽子につけて楽しもうかと思っています。

小品集 Ⅱ


"petit"felt flower pot
Originally uploaded by natsuko.k

これは、ほんとうに小さな一輪挿しです。
もともとは10月後半にある
別のイベント用に考えたものです。
ほんの少しのスペースにも飾れるものをという
コンセプトで。
作ってみたら非常にかわいかったので
アートマーケットにも出品することにしました。

小さなガラス瓶の首の部分に
フェルトロープを巻き付けた様になっています。

昭和(あるいはもっと昔?)のサラリーマンが、
とっくりをひもでぶらぶらぶら下げている図。

あの映像をなぜか連想していまいました。

ポートワインの瓶っぽくもあります。

小品集 Ⅰ


natural dyed felt flowers
Originally uploaded by natsuko.k

シルバーウィークという新しい言葉、
ここ最近聞かされ続けているうちに
違和感も消えてきました。
私も使ってしまいます。

その、シルバーウィーク中9/22に行われる
府中の森アートマーケットなるものに参加予定です。
野外イベントに参加するのは
1999年松本クラフトフェア以来実に10年ぶりです。
少々どきどき。
とはいえ、
ご近所開催のアットホームな雰囲気のイベントっぽいので
気楽にやろうかと思っております。
お近くの方、お時間がありましたら是非!

このイベント用に
手に取り易い小物をいくつか作りましたので、
連続アップしようと思います。

まずは色々お花のコサージュ&ヘアゴム。
羊毛の他にシルクも少し混ぜてあり
よ〜く見るとうっすらキラキラ。

造花作りは、数ある制作行程の中でも
相当上位に入る好きさ加減。
図鑑や生花を観察して、分解して
私の求める色や質感に置き換えて作っていく。
楽しい作業です。

8.27.2009

カーディング☆ガテン系


先日息子が二泊三日の剣道合宿に出掛けている間、
私は何をしていたかというと
カーディングに明け暮れていました。

ドラムカーダー(別名:巨大な回る剣山)は
子供にはあまりに危険なので、
普段はきっちりしまってあります。

クーラーはかけずに音楽をかける。
埃が舞うので窓も閉め切って。
染めたばかりの羊毛、ずっとしまってあった羊毛、
真綿なんかも少々並べて。
その中から色、毛質のバランスを直感で考えて
ブレンドしていく。
ひたすらがしがしカーダーを回す。
大粒の汗が床にぼとぼと落ちる。
心の垢も一緒に落ちる。
シャワーを浴びてまた回す。

そうしたら、こんな虹が出来た。
悪くない気分です。





8.25.2009

夏旅の思い出〜其の四

旅の最後は
懐かしの地で懐かしい人々に再会するのが目的でした。

京都は
旦那が学生時代を過ごし、
私が短いながらも心身を鍛えてもらった修行の地です。

泊めて頂いたのは
旦那のお茶の先生とそのパートナーの方とその愛猫のお宅。
正確には京都市内ではないのですが
山の上の程よい静けさに包まれた場所。
その晩ごちそうして頂いた手料理、
はも、茄子、豆腐、伏見唐辛子と京都ならではの味が懐かしく、
お酒と会話もあいまって、美味しかったこと。
本当に感謝です。

翌日私は染色工房時代の同期と先輩に会い、
それぞれが以前にもまして生命力溢れる様に元気を貰いました。
その間旦那は息子に自分の過ごした大学内を見せて回り、
学食で昼食を食べたそう。

それぞれの感慨を載せて車は帰路に。
予想していたことながら大渋滞ではありましたが、
気持ちも穏やかにやり過ごせたのは
旅への満足感と、高速代金千円のなせる技か。

家に着くなり考え始める、
次はどこへ行こうかな〜。



夏旅の思い出〜其の三

三日目は私たち夫婦と息子の興味をそれぞれ満たす場所へ。

白山ワイナリーは、福井県唯一のワイナリー。
これまで数々の国内ワイナリーを巡ってきましたが、
低価格の物だと外国産葡萄を使っていたりするワイナリーもままある中、
小規模ながら自家農園でとれた葡萄でワインづくりをしているのはエラい。
試飲し、何本か購入しましたが
和食によく合ういいワインです。
東京でも買えるといいのに…見かけたことがありません。

白山ワイナリーの裏手にある葡萄畑

次に向かったのは、恐竜好きの息子がかねてから行きたがっていた
恐竜本の巻末資料には必ずと言っていい程名前の挙がっていたこの博物館。
行きたいと言われても場所が福井じゃね…と思い続けて約三年。
願いは実現するものですね。

広大な敷地に広大な建物。
展示の仕方も洗練されていて、
その知名度もなるほどの場所でした。

ライティングがイケてます

この日は福井市の日本海沿いでキャンプ。
雨が降ったり止んだりする中、
無理矢理泳ぎ、バーベキューする我がファミリー。




dusk-感傷的になる時間。キャンプの醍醐味。

夏旅の思い出〜其の二


旅の二日目は岐阜県内を流れる清流に沿って移動しつつ、
有名な観光地を二つ巡りました。

まずは郡上八幡。
町中に水路がめぐらされた古より水の恵み豊かな町。
かねてから一度訪れてみたいと思っていた場所です。

訪れたのは郡上踊りの徹夜踊りを翌日に控えた日で、
町中がそわそわと華やいだ感じ。
かなりお年を召した方々も表情に元気がみなぎっていました。
祭りがある町はいいなー。

郡上八幡の路地にて


ちらで頂いた珈琲が美味しかったのはやはり水のせいでしょうか

次に向かったのは世界遺産、白川郷合掌造り集落。
車が近づくにつれ現れてくる合掌造りの、昔話に出てくる家そのものの姿形に
思わず歓声をあげるも、
更に近づき誘導されるままに駐車場に止めて家々の中に入ってみると
日本全国どこにでもあるいわゆる観光地の土産物やさんになっていて、
いささか気分が下がる。
観光地として生き残って行くしかない、
幻想のふるさとだから仕方がないのでしょうね。
でもやはり、集落がまるまる保存されていること、
流れる川の豪放さ、吊り橋の見事さ、
などなど、一見の価値のある場所でした。

白川郷集落のはずれ

その晩キャンプしたのは白川郷より車で十分程の平瀬温泉。
目の前を流れる雄大な庄川にて拾った石。
握りこぶしよりもふたまわりほど大きい。
重く丸く美しい。
そういうものがとても好きなもので、つい連れて帰りました。


夏旅の思い出〜其の一

お盆時期に
岐阜、福井、京都と4泊五日の旅をしてきました。
最終日は旦那にとって京都時代の恩師と呼べる方の
お宅に泊めて頂きましたが、
その他の3泊はいつもながらのキャンプ生活。
地震あり、雨風ありの珍道中でしたが、
毎年長距離移動のキャンプ旅を続けていると
多少のことは何とも思わなくなるもので。
息子も犬も終始元気そのもの、楽しい旅でありました。

印象に残った旅の風景をいくつかアップしようと思います。

初日はまず岐阜に昨年お引っ越しされた息子のお友達のファミリー宅へ。
新築の無垢の木の香りだけでなく、そこに住む家族みんなの雰囲気も相まって
すがすがしい空気の流れるお宅でした。

雨の中泊まった板取キャンプ場は、その方からの紹介。
翌朝にはカラッと晴れて、早朝の清流のせせらぎが気持ちよさ抜群でした。

video

8.09.2009

染色いろいろ


ここ数日家事や外出の合間をぬっていろいろと染めておりました。
真夏のじりじりと照りつける太陽は、
染液をくぐってジットリと重くなった羊毛を
あっという間に軽くフワフワに乾かします。
水仕事が苦にならない季節でもあるし、
この時期の染めは気が楽です。


茜染め/手前より、一番液茶色羊毛にオーバーダイ
一番液生成り羊毛染め
二番液ベージュ羊毛にオーバーダイ

メリノトップにインディゴ染め、茜三番液染め

玉葱染め、コチニール染め、グレー羊毛etcに
インディゴでオーバーダイ

いろいろと染めたところで、
さて、何をつくろうかなあ。