7.21.2009

トウモロコシの皮でいろいろ

夏の間沢山のトウモロコシを食べるというお宅、
結構多いのではないかと思います。
我が家もそうです。

トウモロコシの皮を捨てないで干しておくと
素材として重宝します。
一本のトウモロコシからでも結構な量が採れます。

輪ゴムで束ねて壁に干しています。これで一本のトウモロコシ分。

乾いた皮は縦に裂きやすく、柔らかく丈夫なのでいろいろな物が出来ます。

上から 小さなかご、亀、馬 いずれも10分くらいで出来てしまいます。

亀、馬は藁細工からの応用で、よりシンプルな造形にしてみました。

トウモロコシのヒゲも干して繊維素材にしても良さそうですが、
軽く煎ってお茶として飲むと体に良いと聞き
(デトックス効果だったかな?うろ覚え)、
何度かやってみましたが、香ばしくて美味です。
少々面倒ですがお試しあれ。

7.20.2009

トリキング

嬉しいものが届きました。




この春伺った陶芸家ふくちあやこさんの個展
(於:恵比寿ホツミギャラリー)で、
陶磁器で出来たチェスセットの中の”キング”に
息子が一目惚れ。
本来はバラ売りはされていないのですが
無理を言って譲って頂きました。

九谷の手法で絵付けされた、
独特の世界観のある作品です。

息子は気に入った物は何でも絵に描く男。
早速これも。






7.18.2009

虫天国


Anotogaster sieboldii
Originally uploaded by natsuko.k

梅雨明してからというもの
申し合わせたかのように暑い日々が続いていますね。
もうビール以外喉を通らない心境(泣)。
毎年この時期のビールで冷え体質を助長してしまい、
冬に反省しているのですが、
やはり今年も学習能力はなく…。

ここいらの小学生は今日から夏休みに突入〜!
うちの子も一学期を無事皆勤で終えました。
ひとまず安堵です。

我が家の近辺は
ここが都内ですか!?という武蔵野の緑深い土地で、
毎日庭にはレア虫達が訪問中。
一昨日カブト(♂)、昨日ノコギリクワガタ(♂)、
いろんなバッタ達は毎日。

そして、ちょっと前にはオニヤンマが!
こんな近くで初めて見ました♪

美しい姿に見惚れ思わず激写してからお別れしました。


カブトやクワガタやバッタは
飼育ケースの中に収まって居間に並べられ、
小学生男子のいる家庭らしい光景です。

夏休みのはじまり(脳内では井上陽水の歌on air中)。

7.14.2009

MJ

思春期がちょうどMTV全盛時代だった私、
どっぷりとそれに浸かっていました。

当然マイケル・ジャクソンのPVも
当時は相当見ました。
ファンとまではいかないものの
心底 凄い! と思っていたことは確か。
生意気この上ないくせに毎晩神様に祈ってしまうような
ティーンエイジャーの代表的精神性の持ち主だったので、
その虚構の世界に助けられたことがそれはそれはありました。

訃報を受けてからというもの、世間の皆様がしているが如く
マイケルのPVやライブ映像を見直していますが、
改めて驚かされています。
爪の先までエレガントだ!

その美しさ、どことなく漂う物悲しさゆえの道化っぽさ、
永遠の少年性。
ダンスの系譜からフレッド・アステアの影響がよく語られますが、
私はむしろ彼はチャップリンだと思った。
アステアのように円熟しない、中性的なエイジレスな感じ。
世界平和を正面切って語れる純粋さ。

年を取った今だからこそ、中学生の頃とは別の面から
凄いと感じる。

夢みるように生きてもいいじゃないか、
と思い出させられました。




 

7.09.2009

ずんぐりプリンス

ちまちま編んで、やっとこさ完成。
Jan Messent's knit a fantasy story より第二作目。
王子様……のはずですが、


    

ずんぐり4頭身。
あんまりプリンスって風情じゃなくなってしまいました。
思いっきり日本人体型です。

その理由はーーー。
丁度良い肌色の中細毛糸のストックがなく、
枇杷葉染めしてあった羊毛をスピンドルで紡いだ物を使ったので
顔の部分だけゲージが大きくなったのでした。
ちょうどいい太さに紡いだつもりだったのだけど、
まだまだ勘ではダメということですね。

まあ、これはこれで愛嬌があるともいえる。
レゴに付属のフィギアに似てますね。
息子は気に入ってます。

ちなみに持たせてる剣は、
おつまみ用のピック。
外食したとき息子が持ち帰ってとってあった物。
「これ、王子に使って。」
と渡され、使ってみました。










7.08.2009

シンクロニシティ


coffee candle
Originally uploaded by natsuko.k

私にとって、とても大事な友人が、
2年間赴任していた渡航先から帰国したとの知らせ。

最後に会ったのは3年以上前だったか?
お互いにマメに連絡をとるほうではなく、
半年に一度ぐらい葉書を出し合った程度。
近況も途絶えていた中での一報。
とても嬉しい。

でも、実はここ最近、
そんな"予感"があったのです。
あ、なんかそろそろだろうな、と。
急に彼女の顔が頭に浮かぶことが何度かあった。
潜在的には任期を覚えていたのかもしれないけれど、
表面的には忘れていたのに。

私はいわゆる第六感が働くタチじゃないけれど、
彼女との間では何度かそういうことがあったのです。
同じ時期に同じ本を読んでいたりとかエトセトラ。

帰国したといっても、
西のほうの人なのですぐに会える訳ではないけれど、
会えなくても全然OK。
そういう心強い関係。

ともあれお帰りなさいと返事を書こう。
手紙と一緒に入っていたキャンドルを灯しながら。

7.06.2009

着付け教室


先週末、長いお付き合いのある国立のアグレアブルミュゼさんにて開催された
着付け教室に参加してきました。

講師は平田照子先生。
この日3回あった講座のうち、
他の受講者は早い時間に集中したようで
夕方の回はラッキーなことに私一人☆
マンツーマンでみっちり教えていただきました。

左から、いつもながら着物姿が美しすぎるアグレアブル中野さん、私、平田先生、
前列息子

土曜日、蒸し暑かったんです。
犬の散歩を済ませ、息子の習い事場所から直行したときには
汗だらだら。
とてもこれから着物を着る気分じゃないヨってことで、
まずはアグレアブル内のカフェで駆けつけ一杯。
地ビールの『国立ビール』を出して頂きましたが、
国内産では珍しいアルコール8%の濃ゆい味。
近頃はやりのライトなビールじゃ飲んだ気しないよと
常々思っていた私にはぴったりの一本でした。
同行の息子は自家製梅ソーダをこれまたぐびぐびと。

クールダウンしたところで
(先生、お待たせしてすみませんでした。
本当に気さくな方でした)着付けです。
平田先生の着付けは、楽なのにぴしっとキマっている。
実際に着てお出かけしている方の着付け。
ちゃきちゃきとこちらの質問に答えつつ、
フォーマルな着付けから、半幅帯でフリースタイルな結びまで
教えて頂きました。


奮闘中

何てったって、二重太鼓に仮紐一本しか使わない。
しかも5分ぐらいで出来ちゃうし。

あー、実り多く楽しいお教室でした。
秋になったら久しぶりに着物を着てお出かけしたい
と思ったのでした。
数ヶ月経つと今日のコツをおおいに忘れてそうですが…

アグレアブルの和物のチョイスは本当に素敵で
わたしはこのお店で着物に目覚めた
と言っても過言ではないのですが、
この日はカフェの石田さんがラフに着流していた
麻の着物に目が釘づけ。
聞くとこのお店の一押しブランドのGIEDRIUSの麻生地で
仕立てたものとのこと。
女性用もあるよってことで羽織らせて頂いたのですが、
軽い、涼しい、洗濯機で洗ってしわしわになってもこれまた味な感じ。
うむむむむ。煩悩が…。



7.04.2009

朝顔


Deep blue morning glory
Originally uploaded by natsuko.k

今朝の出来事。

剣道の稽古に出掛ける息子が、
玄関を出てすぐ歓声をあげている。
何かと思って見に行くと
見事に咲いていました。

朝顔を育てたのは何年ぶりだろう。
久しぶりにまじまじと見たこの花びら。
薄くてはかないのにとても立派。
深〜〜い青、というか江戸紫というのか
日本の色だなと思います。

幼い頃、朝顔の花びらをつぶして水を入れて
色水づくりをして遊んだことを思い出します。
あれが私の染の原体験かも
と、ちょっと思いました。

7.01.2009

スピンドルは回る



my spindle
Originally uploaded by natsuko.k

紡毛機での糸紡ぎに続いて
昨日はスピンドルでの紡ぎを習いに行ってきました
アナンダへ。

スピンドルもレクラーク社のものを昔先輩に頂いていたのですが、
ちょっといじってほったらかしになっていたのです。
その後もナバホスピンドル、アナンダの黒檀のもの(写真)、
も安くて可愛いしー、と買ってはほったらかし。
これではいかん、と思っていたんです。

アナンダの講習は、手取り足取りというよりも
最低限の説明のあとは受講者がやってる姿を遠くから見守る
ってかんじのあっさりしたものなのですが、
やはり一人でやると ?? な部分がクリアーになりますね。
コマを回しながら糸をびよーーーんと引く一連の動きを
結構気持ちよくできるようになりました。

道具が簡単であればあるほど
作業はボディコンシャスになり、体に気持ちよい!
紡ぎ車と違って肩凝らなさそう(うまい人だと凝らないらしいですが)。

コットンなどの細い糸を紡ぐ用の小さなスピンドル
”タクリ”も購入。
金属のチープな感じがインドっぽくてかわいい。



いろいろ遊べそうです。