12.19.2009

干し柿プロジェクト

初めて干し柿を作りました。
会員歴7年になる大地を守る会で『干し柿つくろうセット』が売られていたので、
それを購入してやってみただけの事なんですが。以下その記録です。

12月1日
小振りな渋柿の皮を剥き、ヘタのふりふりをハサミで切り込み、
縄の縒りを開いて柿の軸を差し込んでいきます。
雨に濡らすとカビが生えるという事なので、軒下に洗濯ラックをえっちらおっちら運んで
吊るしていきました。

12月5日
見かけ、あまり変化はないものの、触ってみると表面が乾いてドライフルーツらしい膜でコーティングされはじめていました。こうなった時にやさしく揉むと出来上がりが早くなるということで、恐る恐るモミモミと…。2個程表面破れました…。犬にくれてやりました。

12月10日
リーフレットに10日を過ぎる頃から食べられると書いてある。明らかにまだ半乾き状態なのに待ちきれずに試食する私と息子。まだ渋が抜けきっておらず、口の中がパッサパサに(涙)。
12月14日
完全に乾いた様子なので再トライ。これぞまさに干し柿の食感、と喜んでせっせと食べる息子。
12月17日
どんどん乾いてきたので干涸びる前に取り込むことに。お皿に並べてみるとすでにその数は作り始めた時の1/3程になっていました。もいで食べていたんだね、息子…。

取り込んだ後、布袋に入れてころころ転がし何日か置くと、お店で売っているもののように白い粉をふくそうです。もはやこの数ではやる気もしませんでしたが、来年はやってみようかな。

味噌や天然酵母づくりもそうだけれど、自分で手を加えるのはほんの少しで、後は時が美味しくしてくれるのを待つだけ、という保存食作りは料理というよりもペットを飼うのに近い感覚。私はとても好きです。

4 件のコメント:

  1. おいしそ〜干し柿って絵になるよね!
    うちの息子は大根をもらった時に「お母さんたくわん作ろう!」と言いましたが、一本じゃあなあ〜と思って、普通に食べてしまった。
    たくわんも作ってみたいね〜。

    返信削除
  2. そうそう、食べる楽しみもあるけど、軒先に吊るしてあるっていうこの牧歌的な眺めが得られるのが一番の喜びだったりする。家が全く牧歌的じゃないのが残念だよ。ちなみに大地では『たくあん作ろうセット』も売ってるよ(注:決して回し者ではありません)ww。

    返信削除
  3. dear natsuko,
    what is it....fruit or vegetable? i never seen so what...
    bye,
    filz-t-raum.ch

    返信削除
  4. Hi! filz-t-raum.ch
    Yes, those are Japanese fruits named "Kaki",
    and I made dried "Kaki".
    It is the traditional Japanese dried food.
    Very sweet!

    返信削除