2.25.2010

天然石のスピンドル

時々徘徊してはわくわく眺めていた、Etsyでとうとう初のお買い物。

だってこのスピンドルの素敵な事。
おもりの部分は天然石。
軸はlignum vitaeという木材で出来ています。調べたところ日本では緑檀と呼ばれているそう。黒檀、紫檀などと同じくとても密で滑らかな材です。
フックのゴールドといい、ゴージャスさにやられました。
sellerはこちら

日本の手芸用品でなかなかこういうセクシーなものがないのは国民性とか社会のありようを考えると、まあ合点がいくのですが。

ナチュラル、シンプルもしくは対極のキャラ系あるいはオカン系が主流。無論zenとかkawaiiは世界基準だし良さも分かりますが、自分の作品も含めて作られてるものもそれっぽいのばかりというのはつまらないかも。

その先へ、いきたいなーという夢をのせて
このスピンドルを回したいな、と思います。

3 件のコメント:

  1. very special, very beautiful.... i love this spindle!
    have a nice day!
    bye,
    filz-t-raum.ch

    返信削除
  2. すごいゴージャス!夏子さんにぴったり!
    私なんかもっと土臭いものしか選ばないものなあ〜。
    でもこれもアリだね。このスピンドルならつきぬけたものが作れそう。
    私もつきぬけたいですっ!

    ついでに前回分にもコメントするけど、ヒヤシンスに名前がついてるなんて知らなかった。
    幼稚園で聞いたらうちのクラスのにもちゃんと名前はありました。
    面白いね。

    返信削除
  3. Dear filz-t-raum.ch,
    Yes! when I found this spindle, I loved it like you.
    I really fall-in-love with...ww
    Have a nice day !
    Natsuco

    snowさん、
    土臭いの私も大好きではあるんだけど、ほんとコレはコレって感じ。ほんと気分があがるグッズだよ。
    木の部分はスベスベ滑らかで、石はひんやり硬質な触感。
    触りたくなるから、ついつい紡ぎたくなって、
    回し始めると輝きが美しいから続けたくなってしまうという。
    道具に私は全く見合ってません〜〜頑張ります〜。

    日本の手芸には色気が足りない!とエラそーにぶってしまいましたが、
    思えば着物の世界は色気そのものなんですよね。
    日本刺繍とか、和裁の道具とか、豪華なものからささやかなものまで麗しいものねえ。昔はもっと艶っぽい社会だったんだろうなーきっと。

    ヒヤシンス、まだ咲いています。
    名前付けて育てると長生きしてくれるような?気のせいかな?

    返信削除