7.07.2010

木彫りのスプーン

先週末、地元小金井の不思議スポットchateau2Fで行われた"木のスプーンをつくろう"というワークショップに息子と参加しましてきました。主に息子がデザイン担当私が彫り担当。で、こんなん出来ました。

名付けて"足付きスプーン"

足部分はサブフォークとしてつかう事を想定してデザインしたらしいのですが、まさに足の指で物を掴むごとき使い心地(つまり使い辛いっていう)。でもメインのスプーンの側は使い心地ばっちりです。

完成したスプーンこんなかわいいデザートを食べるというナイスな企画。

YEAH! 杏仁豆腐とレモネードまで頂きました。

刃物で黙々と木を彫る作業、ガリガリという音と木の香りと相まってすごくリラックス効果がありました。楽しかった!

2 件のコメント:

  1. みき7/07/2010

    むむむ、さすが芸術家の息子。
    足型だなんて、面白いデザインだね。

    以前、幼稚園のにじみ絵講座で
    「心が解放されますので、お好きなように描いて下さい」と言われたものの、
    それができず、逆にストレスがたまった苦い記憶が。
    そういえば小さい頃から絵を描くより塗り絵が好きな創造力のない子だったなあ。

    職場(会計事務所)でちまちまと数字合わせをしている方がよっぽどスカッとしたりして。
    頭の四角い人は四角いなりの楽しみがあるのでしょうね。

    そういえば、伝えたいことがあると以前おっしゃっていたよね。気になるわ。

    返信削除
  2. 木彫り、面白かったよ。
    数字合わせでスカッと出来るなんて…私にはあり得ない。お互い得意な領域を泳いで行きましょ〜。

    そうそう、ちょっとした事なんだけど、メールします。

    返信削除