8.30.2010

Kumano Nachi Taisha & Nachi Waterfall (World Heritage)

旅の後半は熊野古道を車で回りました。
景勝地へ着いて少し歩く。それだけでもそこに流れる幽玄で清涼な空気が体に染み渡りました。


樹齢800年の樟。この木の胎内巡りをして願かけ。

四重の塔
那智極楽曼荼羅。奉納画としては珍しい画風。
実物の滝を見て、那智瀑布図がいかに忠実に描かれているかを知る。
熊野詣で…山深い森に道をつくり、何日もかけて歩いて参詣した古の人々の苦労を思うと凄い。さらに高野山の山奥までも。でも、それだけの思いをしても訪れたくなる場所だっただろうことはよく分かりました。

8.21.2010

ガケ書房

これ、遠くから見るとふつーに店の前の駐車場に車が停めてあるように見えるのですが、違います。
店の壁に車がささってる!(様にみえる)本屋さん、ガケ書房

このお店は4、5年前に出来たとか。私たちの住んでいた時にはなかったので、ちょっと見るのが楽しみでした。

ちょっと行けばあの有名な恵文社があるというのに、共存しているのはさすが左京区。
お店の感じも品揃えも似ているようで微妙に違ってた。恵文社をあえて代官山っぽいとするならば(ほんとはもうちょっと違うけど)、こちらは中央線ぽい。

北白川通りを挟んでほぼ向かいにある天然酵母パンやさんの ちせ もやっぱり左京区民時代にはなかったのです。ちいさな一軒家で欲張らない数のパンとオリジナリティのあるジャムを売ってる。どちらも美味しかった。

あらためて…いいエリアです北白川。

Beautiful sunset & rainbow in morning

京都北白川お店巡り→琵琶湖西→南紀白浜海水浴→熊野古道巡り。
この夏の4泊5日キャンプの旅程です。

毎年ながら長距離運転を厭わないうちの旦那あってこその強行スケジュール。
キャリアー載せているとはいえ、軽自動車にキャンプ用品、子ども一人に犬一匹+でっかい夫妻をぎゅうぎゅうに積み込んでの毎度ながらの珍道中。

後部座席をふと見れば、
犬と身を寄せ合って眠る息子の手足が去年より随分長くなったことに気づいて…

いつまでこのスタイルでいけるかなあ。あと2、3年かなあ。

写真は白浜のキャンプ場からの眺め。台風が接近中の雲の中沈む夕日、それから翌朝の雨のあとの虹。

8.04.2010

The dawn of the dinosaurs

恐竜…ここ3年ほど我が家の小学生男子の夢をかきたてるものランキングで不動のNo.1なわけですが、母である私も大きな化石や骨格標本を見るとわくわく。恐竜すなわちロマンです。

てなわけで六本木ヒルズで開催中の「地球最古の恐竜展」見てきました。

インパクトありすぎるおっさん顔で大人気な哺乳類の祖先エクサエレトドンの模型(上)とスケルトン(下)
背後の壁に映る小型肉食恐竜(名前メモらず)の骨格の影。今にも動き出しそう。
場内は写真撮影可(ただしフラッシュは禁止)でした。暗い照明の中に浮かび上がる古代生物は適当に撮っても絵になります。

展示内容は映像とレプリカが主で、よくよく考えるとさほど価値のある化石などはなかったのですが、楽しめました。

こういうの見るといつも思う、いつか化石発掘のバイトってものをやってみたいって。野外での発掘も化石のクリーニング作業とかも…自分の性に合ってそうなのです。こう見えてものすごくコツコツ派です、ハイ。

8.02.2010

Two Days Trip in BOHSO

ブログを始めたばかりの頃にも書きましたが、
結婚前から結婚後の子どもが生まれる前の一時期、房総に毎月のように通っていた時期があって。
海でボディボードして遊んで、ぷらぷら花摘みしたり安い寿司屋に行ったり。
若かったから日焼けも恐れなかったし、なによりビンボーカップルでも少ない出費で旅気分が味わえたんだなー。

今もお金があんまりないことに変わりはないのですが、子どもが出来てからは
我が子にいろんなところを見せたい!という欲からか毎年いろんな遠い土地へ出掛けて
近場の房総ではキャンプを張っていなかった。

そろそろ力を抜いた旅もいいか、と夏休みの旅行第一弾で先日房総へでキャンプしてきました。

やっぱり房総は近いね〜、2時間ぐらいで着いちゃう。

昼下がりの農園。低くなりはじめた太陽の光と心地よく吹き抜ける風にまったり。
こんな大きいカマキリがいるあたりからも野菜畑の健全さ加減が感じられたり。
スパイスハーブをまとめ買いして、この日のキャンプ地勝浦へ。
つるんつるん温泉という所に併設のオートキャンプ場。平日なので貸し切り状態だった!
犬連れの我が家、これ幸いとコロを放つ。
温泉はその名の通り肌がつるつるになりそなぬるぬるした泉質。小さめのお風呂ながら休まって、温泉サイコー。
日が沈み月が昇ろうとする空の下

焚き火。直火でイナダを焼く。じゅーじゅーと。
翌日、さあ泳ぐぞーと思ったところまさかの土砂降りの雨。近くの勝浦の海岸は荒れ模様。
少しでも穏やかなコンディションを求めて海岸沿いに西へ移動、かつてよく来ていた鴨川の前原海水浴場へ。
が、ますます雨は激しく気温も上がらず。
めげずに泳ぐ息子&旦那でしたが1時間半後唇が真っ青になったところで諦めて、
急遽鴨川シーワールドへ。
入場料高いよねー、といつも素通りしていたこの一大レジャー施設にやむを得ずデビュー。
ところがこれが、すばらしい展示とショーで。
旦那はシャチのショーの迫力にうち震え、私は神秘的かつ高等すぎる生き物のベルーガにやられ、
息子はイルカやアザラシに喝采と、まんまと楽しみました。
入場料、決して高くなし!内容に対して妥当。おすすめです。


丸っこいペンギン達、まったく動かず…
シャチのビッグジャンプ


もう一つ温泉に入って帰路に。
来週はキャンプ第二弾(こっちがこの夏の本命)が待ってます。