12.28.2012

Special Order

最近 "特注品" をつくる機会が何度かありました。
飼っている動物、コレクションしているモチーフのオーダー、
注文される方は並々ならぬ思入れをお持ちなのでとても緊張する反面やり甲斐もあります。

こちらは古今東西雑貨店イリアスさんを通じて
タコ/イカ グッズコレクターの方むけに作った2品。

パールをつかんだタコ。背景はメアリー・ブレアの画集から拝借。

ブルーグレーのイカ。脚には淡水パールやガラスビーズを。

かわいい2匹の猫ちゃんはミュージシャンの男性からのオーダー。頂いた写真を元にブローチにしました。
上段サクラちゃん、下段マヒナちゃん。
サクラちゃんは義理のご両親へのプレゼントだそうです。
さらに3匹の猫ちゃんのオーダーをいただいています。
いろいろな猫ちゃんの顔写真を見ていると実にいろんな表情があって、犬派の私ですが猫のおもしろさにも開眼している今日この頃です。

11.28.2012

秋のきのこ展終了〜

11/15~27まで古今東西雑貨店イリアスにて開催された『秋のきのこ展』。
5月に同店であったきのこ展続いてきのこをテーマにした企画展への参加は二回目。
わたしの作品のなかで きのこ はキーモチーフになりつつあります。

今回出品した作品の一部をここにも残しておきます。
この夏ウェストバンクーバーのライトハウスパークを散策した時にきれいな流木を拾って帰ったのですが、それを使った壁掛けタイプのオブジェ2点です。
流木に寄生する架空のきのこ達。壁からきのこがにょきにょき生えているような姿が愉快かなーと作りました。



秋のきのこ展に出品したきのこブローチや、常設のストール、鳥のオブジェ等は引き続きイリアスの実店舗及び ネットショップ でもご覧になれます。また、明日29日から同店で開催の『干支展』にも参加しますのでこちらもよろしくお願いします。

おまけ
最近ハシビロコウのブローチが好評で売れてはまた作り、、と繰り返しています。
こちらもイリアスで販売中です。


Christmas Wreath Workshop を開催しました

11/27、東中野のエカイエにて開催したワークショップ報告です。

今回つくったのはフェルトコラージュのホワイトクリスマスリース。
白い羊毛のベースにプレフェルトのパーツ、フェルトシートで作る小花、毛糸のポンポン、アンティークビーズ、ラメ糸などを自由にコラージュして仕上げました。

無心にチクチク...


イベントにあわせて特別にエカイエ隔週木曜日担当の ひつじ座 さんが用意して下さったワンプレートランチがとても美味だったのでそちらもご紹介。ハーブの使い方や食材の切り方、火の通し加減が繊細で何度でも食べたくなる味。ごちそうさまでした。
マッシュポテトとレッドペッパー。
今回のリースの色合わせと同じだなあと思いました。

当日のお品書き
今回はさまざまなものをコラージュしていく作品のため沢山の作業工程があったのですが、みなさんの集中っぷりがすばらしくだいたいの方が完成〜。
(宿題になってしまった方もその日のうちに仕上げて写真を見せて下さりありがとうございました。拍手です。)
手作りのマスコットや金属チャームを持参してコラージュした作品も。
それぞれ個性的です。
エカイエ店内では現在山口めぐみさんの絵画も展示中です。とてもすてきで、眺めているとぽーっとなってしまいます。

ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。次回はフェルトでつくる吊るし雛講習を計画しています。お楽しみに!

11.06.2012

フェルトコラージュでつくるクリスマスリースWorkshop

先月より作品を展示販売中の エカイエ にて二回目のワークショップのお知らせです。

リースの土台に羊毛を刺しながらさまざまな素材を自由にコーラージュして
クリスマスリースをつくります。
初心者の方でも、とても豪華なリースを完成させることができる講座です。

※既に複数のご予約を頂いていますので、
気になるなーという方はお早めのお問い合わせをおすすめします。



フェルトコラージュでつくる
クリスマスリース Workshop


講師:村瀬 夏子(羊毛作家/染色家)

リースの土台に羊毛をフェルティングニードルでちくちく刺しながら、フェルトシートのポインセチアや小花やリボン、毛糸のポンポンやビーズやレースなどを自由にコラージュしてクリスマスリースをつくりましょう。☆リースの土台部分直径は約16cm です
場所: 東中野 Cafe &  Gallery エカイエ
   中野区上高田1-34-1 TEL:03-5937-5100
     http://kaiwowaru.jimdo.com
日時: 2012年11月27日(火)11時〜13時
講習費:材料費込み ¥2,500- (+カフェでのワンオーダー)
定員:5名  即日定員に達したため、8名まで増員しました。
     満員御礼。11/8 追加定員8名に達したので締め切らせていただきました。
持ち物:ハサミ、フェルティングニードル(お持ちでない場合当日1本¥100で販売します)
その他:材料はこちらですべて用意しますが、飾りたいモチーフ、リボン、ビーズ(ニードルが通るくらいの穴の大きさのもの)、レース、毛糸などがある場合はぜひお持ちください。よりオリジナルな物が出来ますよ。

10.31.2012

2012年11月から2013年2月の予定

明日から11月。今年もあと2ヶ月です。早い!

クリスマス、年末年始とさまざまなイベントがあるシーズンですが、
わたしもちょこちょこと展示イベントに参加の予定です。
個々の詳細は随時お知らせしますが、下記にまとめてみました。

それぞれ趣向が異なる楽しそうな企画ですので、心惹かれるものがありましたらぜひ♪

  
開催中~2012年12/29 村瀬夏子ちいさな作品展(東中野エカイエ)
             11/27 11:00~13:00 クリスマスリースづくりワークショップ

2012/11/15~11/27 秋のきのこ展(谷中 古今東西雑貨店イリアス)

2012/11/29~2013年1/8 干支展〜巳〜(谷中 古今東西雑貨店イリアス)

2012/12/1~12/31 ひつじもの (西武渋谷店A館7Fサンイデー)

2012/12/6~12/23 アクセサリー展(愛知県春日井市 Amiche)

2013/1/10~1/23 渋谷区松濤発のハンドメイド(渋谷ヒカリエ5F Craft Bureau)←☆NEW☆

2013/1/31~2/12 河童展(谷中 古今東西雑貨店イリアス)

2013/2/6~2/11 マトリョーシカ展2013(吉祥寺 gallery re:tail)

常設 京都 眠れる森(Sleeping Forest) 、谷中 古今東西雑貨店イリアス、押上 Amulet




イリアス新作です

谷中イリアスでは個展が終わった後も作品を常設していただいています。
先日また新たに作品を納めてきました。

イリアスHPでも一部ご紹介頂いていますが、

猫ブローチ

オカメインコブローチ

ハシビロコウブローチ

ラッフルストール
などなど。
全て一点もののためすでに完売している物もありますが、
随時新作納品の予定ですので、ご覧頂けると嬉しいです。

もけもけフクロウとフェルトジャコランタンWS終了しました

Happy Halloween!

今日がハロウィーン本番ですが、
私は先週10月23日にハロウィーンにちなんだワークショップをさせていただきましたよ。

初心者でも出来るテクニックだけを使ったニードルフェルトの ジャコランタンと
さらにお手軽に出来る毛糸のポンポンのもけもけフクロウの二種類から選んで作るWS。
空がどんよりと曇って激しい雨が降ったり止んだりのあいにくの悪天候にも負けず、
たくさんの方にご参加頂きました。

Jack O' Lantern を選んだかたがたにはニードルフェルトの基本テクニックを伝授。
「本やキットを買ったものの上手く完成させられなかったけれど、今回コツが分かりました。」
「全くはじめてだったけれど楽しくてはまりました。帰りに早速羊毛買って帰ります〜。」
などの感想をいただいてとても嬉しかったです。
もけもけフクロウはみなさん自由に造形を楽しんでくださってそれぞれ表情豊かで愉快な子たちが誕生〜。

楽しい会になりました。


ありがとうございました!

来月末にもエカイエにてワークショップをさせていただきます。
次回はクリスマスリースを予定。おたのしみに。

10.13.2012

中野エカイエでの作品展示とWSのお知らせ

10月8日より新しい展示が始まっています。

会場は中野の Cafe & Gallery エカイエ
曜日ごとに内容が変わる日替わりカフェです。

月から水曜日を担当されている nico's kitchenオーナーの前田量子さんにお声かけ頂いて
急遽きまった展示ですが、秋らしいちいさな作品をエカイエの白い棚に並べたらいい感じになりました。なにやらご縁を感じます。
12月いっぱいぐらいまでの展示販売期間中、日替わりのおいしいランチを食べに行きがてらすこしずつ展示替えなどをしていこうかなと思っています。お食事も展示も一期一会なかんじ。その時ならではのものに出会っていただけるかなーと思います。わたしも楽しみです。




そして10月23日にはやります!ワークショップ。

毛糸のポンポンでおとぼけふくろう
ニードルフェルトで かぼちゃおばけ Jack-o'-Lantern



どちらかひとつ選んで頂いて500円(+cafeでのワンオーダー)。ひとつにつき30分程度でつくれますので両方作っても。

開催時間は11:30 ~ 15:00。材料道具などはすべてこちらで用意しますので手ぶらでお気軽にどうぞ。

お申し込みは エカイエ まで。
☆飛び込み参加も可ですがすでに何人か予約を頂いていますので、ご予約頂いた方が確実です。



中野区上高田1-34-1
TEL03-5937-5100


Cafe & Galleryエカイエは
「曜日替りカフェ」です。
営業時間、定休日など営業スケジュールは下記HPでご確認ください。







10.04.2012

個展終了。ありがとうございました!

谷中イリアスにて9/20〜10/2 まで開催した個展『羽を休める』終了しました。

久しぶりの個展という事もあって始まるまではお客様に来て頂けるか不安だったのですが、おかげさまで沢山の方にお越しいただきました。感謝のひとことに尽きます。

古くからの友人知人、ものづくりの先輩や仲間、SNS上で仲良くして頂いている方、イリアスの常連のお客様…などなどはじめての方や久しぶりの方にお会い出来た事はとても嬉しいことでした。

今回出品した中で一番の大作(注:自分比で)だった おすわりハシビロコウ がどなたかの元に旅立って行き感無量になったりも。

もちろん終わってみれば反省することも多く、この経験を今後の制作に活かしていきたいなあと新たなやる気がふつふつと。。。

お越しいただいた方、告知等にご協力頂いた方、気にかけて下さった方、ありがとうございました!

イリアスでは引き続き私の作品を常設して頂きます。今回の展示に出したものの他にも、新しくストールなどを納品の予定です。11月には『秋のきのこ』展、年末の『干支展』にも参加させて頂きます。告知はまた随時☆

9.24.2012

個展関連でお知らせふたつ

谷中イリアスでの個展がはじまってはや5日間が過ぎました。

途中大雨の日や残暑厳しい日などありましたが、お越しいただいた方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

雑貨店の一角というスペースの都合上基本的に在廊はないのですが
会場では私に代わってすてきなイリアスの店長さんが作品について説明して下さいます。

芳名帳が若干分かりにくい場所に置いてあるのですが、お越しの際にはぜひお名前をご記入いただけると嬉しいです。

お知らせがふたつあります。

①以前より私のプロフィールを掲載して頂いている 社団法人日本手芸協会
HPのニュースページに今回の個展のニュースを掲載して下さいました。
こちら です。

②hotsumiGALLERY須藤ほつみさんが主催する
アートスポットを巡るプチツアー「ほつみさんぽ」。
今回の街歩きの場所は谷中とあって、私の個展開催中のイリアスにも立ち寄ります。
その他ギャラリーオーナーの方のお話を伺ったり、甘味処でおやつタイムがあったり…。
谷中ほつみさんぽMAPももらえますよ。
イリアスがコースに組み込まれるのは 9/27と9/29の午後1時から3時の回の二回です。

詳しくは こちら まで。

以上お知らせでした。

個展で展示販売中のアクセサリー、ストール、オブジェなどすべて一点ものですので
在庫が無くなっているものもありますが、残り一点になってしまったストールほか追加制作中です。

こちらはイリアスさんのリクエストで制作した
羽根フリンジ×フェルトボールのラリエットとロングネックレス。
追加納品済み
羽根フリンジピアスとたまごピアス。
目はスワロフスキー、尾羽はリアルフェザーの
ふくろうネックレス。
会期は来週の10/2まで。お越しいただければ嬉しいです!

9.22.2012

個展はじまりました 

いきなりですが、我が家で飼っているカブトムシのメスがどうやら産卵期に入ったらしく
数日前から土の中に潜伏中。
もともとうちで繁殖させたメスだったので、もし卵がうまく孵れば三代目。
孫だー 楽しみー と
そんなことでわくわくする季節になりました。確実に秋は来ていますね。

そして

9月20日より谷中イリアスにて個展がはじまりました。

イリアスの入り口の一角とショウウィンドウに私の鳥たちがいます。

店内は照明が控えめなのでなかなか上手に写真が撮れなかったのですが...


メインの棚はこんなかんじ

ショウウィンドウではフクロウが若干ドヤ顔

コノハズク、豆だるまフクロウ、
フクロウヘッドドレスと羽根ピン

おすわりハシビロコウ&フラミンゴ
耳当て付き帽子にも羽根飾りがついています

羽根のブローチなどなど

ほかにもいろいろ。*店内は撮影禁止ですので写真を転載ご希望の場合は右のメールフォームからご連絡ください。

連日の厳しい残暑やゲリラ豪雨には参りましたが、
今日ぐらい涼しいとぬくぬくグッズも手に取っていただきやすいかなあと思います。

10/2(火)まで*水曜定休*お待ちしております。




9.15.2012

村瀬夏子 個展『羽を休める』谷中イリアスで9/20~10/2 開催

ほんとうにひさしぶりの個展のお知らせです。

ここ数年グループ展やイベント参加等で作品を発表させて頂いていたのですが、自分の名前を冠しての展示は8年ぶり(そんなになるとは… )です。

場所は今年のGW中に開催された『本ときのこ』でお世話になった谷中イリアス
店舗のイベントスペースを使ってのミニ個展になります。

静かに佇む鳥たちにインスピレーションを得て制作した羊毛作品を展示販売します。

いろいろな鳥のオブジェ、ネックレス、ブローチ、羽のハットピン、ストールなど。



村瀬夏子個展
羽を休める
2012920日(木)〜102日(火)水曜日定休
営業時間11:0019:00 ☆最終日はイベントスペースのみ15時まで

古今東西雑貨店 イリアス
110-0001
東京都台東区谷中2-9-12川田ビル1F-B
tel/fax 03-3827-2722

ふくろうのブローチ、白い羽のネックレス。
白鳥ストールは広げると翼の形になります。

秋のはじまり、羊毛の作品を手に取っていただくにも谷根千散歩にもちょうど良い時期。お越しいただけると嬉しいです。

8.23.2012

バンクーバーに行っていました(ホテル滞在篇)

8月2日から11日間息子と二人でバンクーバーに滞在していました。

前半は観光、後半はホームステイ&サマーキャンプ(子どものみ)というスケジュール。

夏の海外旅行は久しぶり。高いよー、ホテルも飛行機もすでに満席(室)だらけだよーと泣きながら夜な夜なネットにかじりついて手配したのが5月のこと。
日程を決めてから出発までだいぶ間があったので、私にしては珍しく事前に街の予備知識をそこそこ仕入れておいた甲斐あって、やりたいことはほぼ出来たかなという充実の旅になりました。

最初の三泊を過ごしたのはWest endにあるThe Buchan Hotel 。
古いちいさなホテルで設備は近代的ではなかったものの、そのこじんまり感が好ましかったかも。ロビーに行くとポットに入ったコーヒーをいつでも飲めたので、暇があれば出入りしてくつろいでおりました。
中指が立っているのは気にしないで下さいー
このホテルを選んだ理由は二つあって、
後半息子が通うサマーキャンプ会場のバンクーバー水族館が近いので息子をそのエリアの環境に慣れさせる為

徒歩5分程で行けるEnglish Bayで大きな花火大会があったこと。夜遅く子どもを連れての外出、なるべく移動距離を少なくしておきたかったので。


4日間に渡って国別対抗の花火が打ち上げられたらしいのですが、私たちが観たのは最終日のイタリアの花火。色使いが鮮やかでどこか軽やかな花火、なかなかでした。


日が落ちる前から沢山の人が集まって

午後10時ようやく空が暗くなると同時に花火の始まり。
音楽に合わせて25分間のあいだ絶え間なく花火が上がり続けました。

このホテル滞在中に有名な観光どころはだいたい押さえることが出来て子連れ旅の旅程としては上出来でした。二年前のLA旅行の時とは違って時差ぼけもせず、脚力も好奇心も強くなった息子の成長を実感。

その中でもハイライトはベタながらCapilano Suspension Bridge(キャピラノ吊橋)。
入場料はかなり高かったものの(これはバンクーバー観光のほぼ全般、美術館、博物館、どれも高かった!)観光客のために整然と整備されつつ自然を損なう事のない設備で、巨木の多い森の中をハイクして気持ちよく自然を体感できました。森林についての知識を促すパネルや仕掛けなんかもセンスよかったな。
かなりの長さの揺れる吊り橋。
しっかりした作りなので怖くはないものの渡るだけで下半身が鍛えられそうな。
遠景。こうして見ると結構な高さ。
クリフウォーク。岸壁からワイヤーでつられた道を歩きます。
観光客向けのバンドに「そこのちびっ子カモン!」と誘われ
困惑しながらマラカスをならす息子(笑)
 Granville Island (グランヴィルアイランド)も市場好きの私にとっては楽しい場所で。
フルーツは日本よりずっと安かったので毎日たらふく食べられてしあわせでした。

オーガニックなものもたくさん

サーモンバーガーとシーザーサラダ。
これもそうだったけどメープルかハニーで甘み、
マスタードで酸味のついた味付けが多かったかも。
食材を扱う市場の他にも、アート、クラフトの専門店エリア、パタゴニア等のアウトドア専門店、子ども向け商品のお店が沢山入っているキッズマーケット、ブルワリーも。息子もここがいたく気に入って、バンクーバー滞在中はずっと「また行きたい」を連呼していました。

この中にあるMaiwaという染織材料専門店のことは以前から知っていて、お店主催のレクチャーのpodcastを興味深く聞いたりもしていたので、実際に足を運べてとても嬉しかったのです。日本のアナンダと扱う商品はとても良く似ているのですが、アナンダは良心的な価格でなんでも揃って染織のホームセンターのようだとすると、Maiwaは吟味された大人向けの商品が並ぶ染織のセレクトショップみたい。どちらもそれぞれの良さがあるのだけれど、こういうお店が近くにあったら嬉しいなーと思いました。

今日のところはここまで。
後半の(ホームステイ篇)につづく...

追記:なかなか後半が書けぬまま一年が経過してしまいました。記憶があやふやになる前に更新出来ればと思いながら時既に遅し。ひとまずバンクーバー旅行記はここまでです。その後、今年またバンクーバーを家族で訪れました。今後は仕事、プライベート両方で付き合いの長くなりそうな土地になったので、また何か書いたりするかもしれません…と誰に求められている訳でもないのですが自分にエクスキューズ。

6.22.2012

谷中イリアスでアリスグッズ展示販売中です

アリス関連の展示が続いています。

ただいま古今東西雑貨店イリアス at 谷中では『不思議の国のアリス』をテーマにした
展示販売コーナーを期間限定で展開中。

私はこのバッグチャーム2点と、
池袋のアリス展でも好評だったマッドハッター帽のブローチをまた作りました。
このブログをご覧頂いている方にはおなじみかもしれない白うさぎの編みフィギュアも
出しています。

詳しくはこちら→

アリスといえば今年で物語が誕生して150周年なんだそう。
生誕の地オックスフォードではさまざまなイベントがあるとかでとても楽しそう。
元ネタ→

 The Story Museum のことは知らなかったけど、
いつか行ってみたい場所リスト入り決定です。
いつかいけるかなあ。

6.01.2012

くりくりテーブルマルシェ

渋谷西武百貨店A館7階の手芸フロアサンイデーに“くりくりテーブルマルシェ”
オープンします。毎月のテーマで品ぞろえやディスプレイが変わるちいさなお店です。


6月のテーマは「手作りアクセサリー」。
このコーナーに『手芸の国のアリス』展に出品していた私の作品の一部が並ぶことになりました。


下記のリボンネックレスの他ブローチなどが6月いっぱい展示販売されます。



*水色はsold out




6月12日からは渋谷西武7階サンイデー内の別の会場で
「くりくり」no,11発行記念イベント“見たこともない手づくりのかたち”も開催されます。
こちらにも少し作品が並ぶ予定。


くりくりテーブルマルシェには今後も秋と冬に一ヶ月ずつ参加させて頂く予定です。
どうぞよろしくお願いします。

『手芸の国のアリス』展ご報告

5/23~29 西武池袋本店で開催された『手芸の国のアリス〜不思議の森の雑貨店〜』
おかげさまで大好評のうちに終了いたしました!

会場にはルイスキャロル協会の方やアリスのような出で立ちの女の子などディープなアリスファンの方から、百貨店という場所柄ふらりと立ち寄って下さった方まで、沢山のお客様においで頂いたようです。

私はこんな作品を出していました。

関節が動いて自由にポーズがとれる三月うさぎ人形



トランプの兵隊も上と同じタイプのつくりです



トランプ柄のブローチ
マッドハッター帽のブローチ

など。
おかげさまで沢山の作品がどなたかの元へ旅立って行きました。本当にありがたいことだな、と思います。感謝です。

そして、micaTAKEOさんの空間作りは百貨店の売り場の一角という多くの制約がある場所でもいつもながら素晴らしかったです。
ディスプレイの現場にご一緒させて頂いて今回もとても勉強になりました。

トランプが降ってくるかのよう Photo by micaTAKEO

アリスが迷い込んだ森のイメージのテーブル Photo by micaTAKEO

秘密の扉 Photo by micaTAKEO
ありがとうございました!

そして出品した作品の一部ですが、場所を変えて渋谷西武サンイデーにて6/5〜約一ヶ月間引き続きご覧頂ける事になりました。詳細はまた。

足踏みミシンがやって来た

いつぞやの計画停電騒ぎのときに思ったのです…電気を使わずとも使える道具を増やしたいなあと。

そういえば近所に古いマシンばかり積み上げられているちょっとカオスなミシン店があるではないかと訪れたのは去年の話。その時は「無いよ」との答えだったのですが…。

それから一年経った先日「良い足踏みミシンがみつかったよ」との電話。
というわけで、念願かなって足踏みミシンが作業部屋にやってきました。
SINGER 191U (ペダル部分はJUKIだけど)という昭和30年代製造のマシンだそうです。



運んできてくれたのはクレイジーキャッツの映画にでも出てきそうな風情のこの方。一人で営んでおられるお店でマシン調整中に撮らせて頂いたお姿をちらり。
いつもハンチング被っているそうです
いつでも修理調整するよとの頼もしいお言葉を頂きました。ミシン大切につかいますので、長生きしてくださーい!!

で、
ミシンが来た翌日に縫い上げたのが息子から頼まれていたこれ。
ウォルドルフ人形(名前:ジャック)のお洋服。
息子自らがデザインし布、ボタン、ブレードを選んだという面倒臭い一品。

ちいさな物を縫う時、電動よりも小回りが利いて縫いやすいな、と早速好感触を得ました。
かたかた動く音も静かでなかなか良い感じ。

以上、とても自己満足してよかったなという話でした。